マンション維持のため|コンサルティング会社にマンション大規模修繕の判断を任せよう

コンサルティング会社にマンション大規模修繕の判断を任せよう

マンション維持のため

工事

大切な修繕積立金

マンションなどの大きな建造物維持のためには、定期的な大規模修繕が必要とされています。大規模修繕は、工事内容が大規模で、工事費用が高額、工事期間が長期間にわたるものを指します。マンションの場合は、修繕費用が高額になるため、予め修繕積立金として徴収されることが一般的です。エレベーターや機械式駐車場があるマンションでは、取替工事に多額の費用がかかることがあります。それに加えて建てた当初の予想に反し、思ったよりも劣化が激しく、修繕する箇所が増える場合もあります。そんな時に備えるためにも、月々の積立は大切です。初めの月額徴収料が安くても、足りなければ一時徴収金を払わなければならない場合もあります。どんな立派なマンションでも、経年劣化は避けられません。定期的な修繕は必要不可欠となります。

業者選びのポイント

大規模修繕にかかる費用は、一般的に、1戸当たり75万円から125万円が目安となります。費用は、依頼する施工業者によっても工事内容によっても変わります。業者選びは非常に重要で、初めから決めてしまわないで、複数の業者に見積もりを依頼します。費用面の他にも、選ぶに当たって重要なポイントがいくつかあります。一つは大規模修繕工事の経験が豊富かどうかです。過去に工事を成功させている実績があれば安心です。工事が完了した後のアフターサービスが、充実しているかどうかも確認しなければなりません。長期間、保証してくれる業者を選びましょう。マンションの大規模修繕は、新築工事とは違い、住民が生活している中での工事となります。様々な問題が起こっても、素早く的確な対処ができる業者であるかどうかも大切です。