水道から赤い水が出たら|コンサルティング会社にマンション大規模修繕の判断を任せよう

コンサルティング会社にマンション大規模修繕の判断を任せよう

水道から赤い水が出たら

修理業者

配管取替以外の方法

老朽化した給水管の内部には赤錆が発生し、放置しておくと給水量が低下したり、漏水の原因になったりすることがあります。また錆の混じった赤水は飲料水に適さず、健康に悪影響を及ぼす恐れもあります。最悪の場合は給水管を全部取り替える必要がありますが、適切な給水管赤錆対策を行なうことにより、コストを抑えて被害を防ぐことが可能です。最もローコストな給水管赤錆対策としては、薬剤や砂などを使って配管内部を洗浄する方法があります。また電磁気で赤錆を剥離して取り除く方法や、水質を改善して錆を発生しにくくする方法もあります。専門の業者は水の使用目的や予算に合わせて、さまざまな方法を組み合わせて選べるため人気があります。

水道管の材質

1970年頃までは亜鉛メッキを施した鋼鉄が給水管に使用されており、メッキがハゲると管の内部に赤錆が発生していました。現在では大部分の給水管は、内部がビニールライニングでコーティングされていて、錆の心配はほとんどなくなっています。しかし継手の部分にはコーティングがないため、給水管赤錆対策が必要になります。接続部分を樹脂で補強するコア内蔵継手も普及していますが、完全に赤錆を防げるとは限りません。施工時にできる隙間から、水が侵入する可能性があるためです。はっきり赤水が確認できる状態になると、給水管の劣化は相当進んでいると考えられます。健康被害を防止するためにも、早急に給水管赤錆対策を講じることが大切です。